プログラミング教育

小学校に導入されているキッズプログラミング教材一覧

microbit1

2020年に迫る小学校でのプログラミング教育必修化に向けて、様々なプログラミングソフトが小学校に導入されているので、ごく一部ではあるがピックアップしました。

プログラミング

Scratch (スクラッチ)

MITメディア・ラボ https://scratch.mit.edu/

Scratchを使えば、自由にインタラクティブストーリーやゲーム、アニメーションを作ることができます。さらに、できあがった作品はオンラインコミュニティで他の人と共有できます。
Scratchは、若者たちが、クリエイティブに考え、体系的に判断し、協調して活動することを学ぶための手助けをします。これらは、21世紀を生きるために欠かすことのできないスキルです。ScratchはMITメディアラボのライフロングキンダーガーテングループのプロジェクトで、無償で提供されています。(ホームページから引用)

scratch1

Viscuit (ビスケット)

合同会社デジタルポケット http://www.viscuit.com/

ビスケットはとても簡単なプログラミング言語です。 メガネという仕組みたった一つだけで単純なプログラムからとても複雑なプログラムまで作ることができます。 仕組みは単純ですが組み合わせ方が様々なので複雑なことができるのです。
ビスケットを使うとアニメーション・ゲーム・絵本などを簡単に作ることができます。 ビスケットを使いこなすには難しいことを覚える必要はありません。 だれでもプログラミングの楽しさと可能性を感じ取ることができるでしょう。さあ、いっしょにプログラミングを楽しみましょう。(ホームページから引用)

CodeMonkey (コードモンキー)

コードモンキー https://codemonkey.jp/

世界中で800万人のユーザーが CodeMonkey でプログラミングを学んでいます。年齢層は小学生から70歳まで実に様々。その功績が認められ、アメリカのプログラミング教育推進団体であるCode.orgのイベントにも毎年参画しています。

Smalruby (スモウルビー)

NPO法人Rubyプログラミング少年団 https://smalruby.jp/

スモウルビー(Smalruby)は、小学生でもRubyルビーを使ってプログラムやロボットを作れるようにしたもの

MakeCode (メイクコード)

Microsoft MakeCode https://www.microsoft.com/en-us/makecode

Microsoft MakeCode とは?
魅力的なコンピューター サイエンス学習体験を作り出す Microsoft MakeCode は、現実世界のプログラミングにつながる無料のオープン ソース プラットフォームです。(ホームページから引用)

makecode1

ロボット・IoT

教育版 レゴ® マインドストーム® EV3

レゴ® エデュケーション https://education.lego.com/ja-jp/product/mindstorms-ev3

教育版 レゴ® マインドストーム® EV3 ではプロジェクトベースの学習アプローチをプログラミングと STEM の世界で応用し、客観的思考力や問題解決能力、コラボレーション能力を高めていきます。子どもたちの知的好奇心を刺激する、楽しく創造的なアクティビティが詰まった EV3 の教材はそのまますぐに授業に使うことができ、ソフトウェアやカリキュラムも無料でダウンロードいただけます。(ホームページから引用)

レゴ® WeDo 2.0 (レゴ® ウィードゥー 2.0)

レゴ® エデュケーション https://education.lego.com/ja-jp/product/wedo-2

レゴ®WeDo 2.0 は実生活に基づいた課題のあるプロジェクト、子どもたちの心をつかむ使いやすいテクノロジーで、小学校でのプログラミングの学習を身近なものにします。理科、総合的な学習等の教科において、プロジェクトベースのアクティビティを進めるうちに、子どもたちは自然とプログラミングやその考え方に親しんでいきます。レゴ® ブロックと授業用にデザインされたソフトウェア、知的好奇心を刺激する学習指導要領に基づいたプロジェクトを組み合わせることで、子どもたちの自信を育てる教材が完成します。子どもたちが主役になって発見していくアプローチを通して、質問をし、問題を定義し、解決していく力を育てましょう。(ホームページから引用)

BBC micro:bit (マイクロビット)

Micro:bit教育財団 https://microbit.org/ja/

BBC Micro:bitは、1980年代に情報教育のために英国放送協会が開発。英国の11歳と12歳の小学生全員に配布された。低消費電力、低コストのシングルボードコンピュータ。(Wikipediaから引用)

KOOV(クーブ)

ソニー・グローバルエデュケーション https://www.koov.io/

ブロックで自由な「かたち」をつくり、「プログラミング」によってさまざまな動きを与えて遊ぶ、ロボット・プログラミング学習キット。ロボット制作の体験を通じて、子どもたちの探究心や創造力、未来を切り開く思考力を育みます。(ホームページから引用)

Ozobot (オゾボット)

Ozobot日本 https://www.ozobot.jp/

Ozobotは紙やスマートフォン、タブレット上に描かれた線に沿って動く小さなロボットです。Ozobotを使った学習に専門知識は不要です。学校でも家庭でも、子どもたちは紙とペンを使って楽しみながらプログラミング的思考を身につけることができます。(ホームページから引用)

ArtecRobo (アーテックロボ)

株式会社アーテック https://www.artec-kk.co.jp/artecrobo/ja/

アーテックロボとは、アーテックブロック・ロボットパーツ・プログラミングソフト
を組み合わせたロボットプログラミングキット。
アーテックロボはブロックで遊びながらかたちを組み立て、プログラミングをして思い通りの動きを与えるプログラミングロボットキットです。全国の学校でもプログラミング学習として採用されている。

ArtecRobo (アーテックロボ)

株式会社アーテック https://www.artec-kk.co.jp/artecrobo/ja/

アーテックロボとは、アーテックブロック・ロボットパーツ・プログラミングソフト
を組み合わせたロボットプログラミングキット。
アーテックロボはブロックで遊びながらかたちを組み立て、プログラミングをして思い通りの動きを与えるプログラミングロボットキットです。全国の学校でもプログラミング学習として採用されている。

IchigoJam (イチゴジャム)

株式会社jig.jp https://ichigojam.net/

手のひらにのせられる大きさの、プログラミング専用こどもパソコンです。
IchigoJamにテレビとキーボードをつなげば、すぐにプログラミングを始められます。
インターネットへの接続や難しい設定は必要ありません。
初心者向けプログラミング言語BASICを使っているので、事前にプログラミングの高度な知識や技術を学ぶ必要はなく、気軽にプログラミングを体験できます。
また、抵抗などの部品を基盤にはんだ付けして組み立てて、電子工作を体験することもできます。
IchigoJamは、こどもたちのものづくりへの関心やICTリテラシー向上のため、プログラミング教室の実施などプログラミングや電子工作について学ぶ場を提供しているプログラミング・クラブ・ネットワーク(PCN)やキッズベンチャー(KidsVenture)などで、プログラミング教材として活用されています。(ホームページから引用)