プログラミング

ベネッセコーポレーションが「コンピュータサイエンス教育週間2018」を応援

ベネッセコーポレーションが「コンピュータサイエンス教育週間2018」を応援

株式会社ベネッセコーポレーションは、世界的なコンピュータサイエンス教育イベントである「コンピュータサイエンス教育週間(2018年12月3日から9日)」の趣旨に賛同し、小学生の初めてのプログラミング体験を応援するプログラミング教材「プログラミングステップゼロ」を無料公開しました。この教材は、各教科等でのプログラミングを行う前にプログラミングの概念に触れ、動作に慣れるためのScratchアプリ。

ベネッセコーポレーションが「コンピュータサイエンス教育週間2018」を応援

今回、この「コンピュータサイエンス教育週間」中に、埼玉県戸田市立戸田南小学校3年生が本教材に取り組む予定担っていて、担当教員が1時間授業を行い、児童がプログラミングの体験ををするとのことで、当日の授業の様子は、ホームページ( https://stepzero.beneprog.com/ )でも紹介される(12月12日頃予定)とのこと。なお、この教材は一般公開のため、「コンピュータサイエンス教育週間」終了後も引き続き利用できるとのことです。

ベネッセは、2014年にEdTech(エドテック)の研究開発部門を立ち上げ、国内外でSTEM領域の教材開発を進めていて、それらの知見をもとに、2016年度から教育委員会や学校現場の先生とともにプログラミング教育の授業づくりに取り組んでいることです。今後のベネッセのプログラミング教育の取り組みに期待したいです。

「コンピュータサイエンス教育週間」とは、米国の非営利団体「code.org」を中心に2013年から始まったコンピュータサイエンス教育の普及を目的とした活動で、期間中、1時間でもコンピュータサイエンスについて学校や課外活動で学んでみようという活動です。これまで180カ国以上で、約6.5億人が取り組み、2018年は全世界で約10万件のイベントが予定されている。今年、日本では文部科学省・総務省・経済産業省が連携して立ち上げた「未来の学びコンソーシアム」が中心となり、各地で企業や学校を中心としたプログラミング教育への取り組みが行われます。